心地よい雰囲気をかもしだすメール

連絡取りはじめのメールはなんといってもがっつかないことです。
はじめから相手への要求ばかりだとどうしても警戒してしまいます。
まずは、心地よい雰囲気をだすことを意識してメールを交換しましょう。

自分の事を自然とメールの内容に含ませると、相手からの警戒心を解くことできます。
打ち解ける前からこちらの要求をして、それでダメだったからと言って
それがサクラだったとか考えるのは早計です。

目の前に居る人と変らないように、気遣いの気持ちを持って接していきましょう。
出会い系サイトでは機械的なメールや、雑な誘い方をする人がおおいですので
特に出会い系サイトを使い始めて間もない人であればなおさら
そういったことに敏感になっていますので
他の男性ユーザーと差別化する意味でも、はじめの印象を大事にしてメールのやり取りを
してみてください。

出会いに誘うにはタイミングが大事

出会い系サイトで知り合った子と出会いまで早く持っていきたいなら、早々に直アドや電話番号を聞き出して、マメに連絡を取り会うことです。
メールのやり取りの回数が多ければ、知り合って1週間でも3日でも会うことは可能です。
それが1週間に数回とかまばらなメールであれば、1か月経っても会えるかどうか怪しいです。
要するに密度が大切なのですが、もちろん一方的なメールではいけません。
問題はやり取りが頻繁に行われているかどうかなのです。
もしメールのやり取りをしていて相手の反応が良かったら、思い切りデートのお誘いをしてみましょう。
タイミングを逃してしまうとメル友で落ち着いてしまい、なかなか切り出せなくなります。
「会おう」と切り出したとたんにメールの返信が来なかったら、恐らく最初からその気が無かったので、脈無しと思って諦めましょう。
出会い系サイトは出会いをモノにするのが目的です。
遅くても1か月以内には勝負にでましょう。

絵文字・顔文字の配分に気を付ける

最近は違う携帯キャリア同士でも、問題無く絵文字が送れるようになっているので、携帯メールもより感情を伝えられやすくなっています。
パソコンのメールや出会い系サイト内でのメールなら絵文字が使えないこともあるので、顔文字を使います。
メールは相手の顔が見えないので、顔文字も絵文字も全く無いメールでは殺風景に感じます。
しかし、やり過ぎ絵文字や顔文字だらけのメールは相手によっては悪い印象を与えてしまいます。
特に中年以降の男性が張り切り過ぎて、女性顔負けのきらきらデコメ絵文字メールをしてしまうと、相手にドン引きされてしまう恐れがあります。
また、出会い系サイト内のメールですが、親しくならないうちにいきなり顔文字メールを送るのも避けたほうが良いでしょう。
顔文字メールはどうしても馴れ馴れしい印象を与えてしまいます。
相手の気持ちがほぐれてきて、返信メールに顔文字が出始めたら、それに合わせて使い始めるのが良いでしょう。

自己紹介と自慢話は違う

出会い系サイトのメールにて嫌われる内容のひとつに、自慢話があります。
自己紹介は大事ですが、それを履き違えてしまい、自慢話ばかりする人がいるものです。
例えば、俺はこれだけ稼いでいる、これだけもてた、すごい高級車を持っているんだよ・・
相手の立場になって考えて下さい。他人の自慢話を聞いて楽しいと思いますか?
特に女性は相手の話を聞くよりも、まずは自分の話を聞いてほしいものです。
自慢話じゃなくても、自分の話ばかりでこちらの話を聞こうとしない男性には、あまり良い印象は持ちません。
もてる男性は女性の話を聞くのがとても上手という共通点もあります。
面倒くさいと思うかもしれませんが、まずは女性の話を聞いてみましょう。
本当に全部聞く必要なく、聞いているふりでも大丈夫ですよ。
質問が非常に上手な人はメールのやり取りも長引きますし、また女性の警戒心を解いて会ってみたいという気にもさせます。
自慢メールで失敗することなく、上手に出会いを成功させましょう。

ネガティブな内容のメールは禁物

出会い系サイト内でメールのやり取りをするときには、ネガティブな内容はいけません。
ネガティブな内容のメールを送ってくる人は相手にも良い印象を与えませんし、重いメールはどうやって返信したらいいのか悩みます。
そんな内容のメールなんて送らないと思っている人がいるかもしれませんが、意外とやりがちな失敗なんです。
例えば、「彼女がずっといない」「自分はもてない」「どうせ自分なんて」という言葉は、自分のことを謙虚にいっているつもりが、ただマイナスな印象を相手に与えているだけになります。
一言、二言ならまだしも、ネガティブワードが羅列されたメールをもらってしまえば、誰だってうんざりします。
やはり、前向きで楽しいメールをもらったほうが誰でも嬉しいですよね?
最近彼女と別れたばかりということを告白しても良いですが、休日の過ごし方、最近凝っていることなど楽しい話題にして、全体的に前向きな内容にしなければ返信も望めません。